五十肩(四十肩)の激痛にはどうすればいい?

五十肩の症状と言えば、肩の痛みや動きの制限です。

しかし中には五十肩(四十肩)の症状で、肩にほとばしる激痛をあげられる方がおられます。

ちょっとした動きで出る激痛、つらいですよね。

五十肩(四十肩)の激痛の原因、対策についてみていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)

五十肩(四十肩)の激痛は何故?

五十肩(四十肩)の激痛は急性期に多く見られます。

とはいうものの、その原因は一つとは限りません。

最も多い腱板の損傷

まず考えられるのが

腱板断裂(けんばんだんれつ)。

または腱板の一部が切れている場合です。

腱板が損傷されると、腕を動かすことは出来ますが、肩は安定せずぐらぐらした状態になります。

腱板の傷ついた部分が骨などに接触、激痛を発します。

石灰沈着も疑われる

その他に考えられるのが

石灰沈着。

肩の関節部に文字通り石灰が沈着するこの症状。

残念ながら詳しい原因は分かっていません。

石灰沈着が起こると、

腕の動かし方に関わらず、ある一定の角度で激痛がはしるようになり、何もしなくても激しい痛みが出る。

ということで、相当つらい痛みです。

医療機関で注射などによりすぐに楽になりますので、早めに受診されるのが好ましいでしょう。

首のヘルニアを併発

また、まれにあるのがヘルニアの併発による激痛。

通常、腕を動かすとあわせて首が動いている場合が多くあります。

そのため、原因は首のヘルニアなどで神経が圧迫されていることにあったとしても、腕を動かしたら痛いかのように勘違いする場合があります。

五十肩(四十肩)で激痛が走る時は・・・

五十肩(四十肩)で激痛を伴う場合は

まずは医療機関で適切な診断を受けること

が大切です。

なぜなら、

首に問題がある場合、神経が絡んでいると症状が長引く場合があるから。

また、

石灰沈着が原因なら早期対応で大きく症状が改善されるからです。

そして日常の注意点としては

痛みの出るような動作を出来るだけ避けること

が大切です。

無理に動かそうとせず、肩への負担を極力避けるようにしたいものです。

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)
レクタングル大(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする