五十肩(四十肩)と腕のしびれの関連性

ひと言で五十肩(四十肩)といっても、その症状は実はいろいろ。

少なからずの方が腕のしびれを感じられるようです。

五十肩(四十肩)によってどのように腕にしびれにつながるのでしょうか。

その原因と対処法は?

確認して適切に対処したいものです。

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)

五十肩(四十肩)で腕がしびれる原因とは

五十肩(四十肩)で腕がしびれる原因は

  • トリガ―ポイント
  • 肩の炎症の広がり
  • 神経の圧迫による痛み
  • 首からくるしびれの併発

といったものが挙げられます。

トリガ―ポイントによる腕のしびれ

五十肩(四十肩)に限りませんが、筋肉に疲労が蓄積されると筋肉とは離れた位置に重くだるい、しびれたような症状が出ることがあります。一般にこれをトリガ―ポイントといいます。

五十肩(四十肩)の場合、肩回りの筋肉、特に腱板といわれる、肩を支える筋肉が疲労を起こすために、肩から離れた腕にしびれを発症する場合があります。

肩の炎症の広がりによる腕のしびれ

肩の関節を包む袋、いわゆる関節包には痛みを感じる神経が多数あります

そのため、関節包が炎症により刺激されることで腕にまで鈍痛が広がることがあります。

この痛みを、腕の痛みと感じる場合があるわけです。

神経の圧迫による腕のしびれ

肩の後方の筋肉が硬直することで、隙間を通っている神経が圧迫されます。

そのため、肩の横や腕にしびれを感じる場合があります。

首からくる腕のしびれ

頸椎椎間板ヘルニアを併発している場合や

姿勢が悪いことによる頸椎への負担増など

首からくる腕のしびれを感じる場合もあります。

いずれにせよ、自己判断に頼らないで医療機関で受診されるのが好ましいでしょう。

それでは腕のしびれを感じる場合、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。

五十肩(四十肩)で腕にしびれを感じる時の注意点は?

第一に、医療機関で診断してもらうことで原因を把握したいものです。

首の神経が関係したしびれの場合、悪化すると

筋力のマヒ

筋肉の感覚がなくなる

といった症状につながる恐れがあります。

ですから、予防のためにも初期治療が何より大切。

首の神経が関係していないか確認したいものです。

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)
レクタングル大(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする