五十肩(四十肩)の前兆ってあるのか?

一般的に、いつの間に発症したのか、わかりにくいのが五十肩(四十肩)。

五十肩(四十肩)に前兆はないのでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)

五十肩(四十肩)に前兆はない?

五十肩(四十肩)になる前兆はないのでしょうか。

実際のところは

前兆があるにはあるが、実感がない。

これが多いパターンのようです。

明確な前兆がないまま、五十肩(四十肩)になっている場合が多数派のようです。

それでも前兆として

  • 肩周囲の筋肉の張り。
  • 肩が重い感じがする。
  • 肩にチクッとした痛みが走る。
  • 肩の力がガクッと抜けた感じがする。

などがあげられます。

肩に筋肉痛のような痛み、だるさを感じたら五十肩(四十肩)に要注意といえるでしょう。

五十肩(四十肩)の前兆かな?と感じたら

では、五十肩(四十肩)の前兆かな?というときは何に注意すればよいのでしょうか。

大切なのは

大きく動かさないこと

です。

発症前ですから

肩の可動域に制限がないため動作に困ることはありません。

しかし、いつもの筋肉痛かなと判断して、

肩をぐりぐりと回して動かしてみたり

必要以上に動かすといった動作は

避けた方が無難でしょう。

五十肩(四十肩)の初期の段階で無理をすると、のちの経過が悪化する場合が多く、結果として

治りが遅くなる。

痛みが激しくなる。

といった悪影響を及ぼしかねません。

前兆がとらえにくい五十肩(四十肩)ですが

動かすことは出来るがあえて無理をしない

を実践するのが大切です。

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)
レクタングル大(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする