五十肩の痛みを緩和する三角筋のトリガーポイント対処法

五十肩で

肩の前後から腕にかけて

痛みがあるなら、

三角筋のダメージかもしれません。

三角筋のトリガーポイントを確かめて

五十肩の痛みを緩和しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)

痛みの緩和に 三角筋のトリガーポイント対処法

トリガーポイントとは

筋肉に負担がかかりすぎて

硬くなってしまったり

血液の循環が悪化してできるしこりのこと。

このしこりのために

腕がいたいのが関連痛です。

三角筋にしこりがないか確かめましょう。

ちょうど肩の外側にあるのが三角筋です。

人差し指、親指を使って

痛みを感じるポイントがないか

押さえて確かめてください。

腕のほうにまで響く痛みがあるなら

そこがトリガーポイントです。

その部位をゆっくりと指圧しましょう。

手が届かない場合は

テニスボールを壁と肩に挟むようにして

痛い部位に圧をかけるようにします。

ただし、スポーツのやりすぎなどで

炎症になっている場合は

逆効果になることもありますので

ご注意ください。

特に動かしすぎたわけでもないのに

痛いのなら、

関連痛の場合が多いので、

日ごろ運動もしていないのに痛くなったなら

ぜひ一度確認してください。

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)
レクタングル大(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする