五十肩で薬を利用するときに漢方薬が良いとされる理由

五十肩に漢方薬

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)

鎮痛以外にもうまく薬を利用したい

どうしても夜間痛が収まらない。

といった時などには

鎮痛剤の利用が考えられますが

この手の薬は、

痛みをある一定時間は

何とかしてくれはするものの

一時しのぎにすぎません。

もっと他にも薬をうまく利用したいなら

漢方薬もその一つでしょう。

薬をうまく利用して

五十肩を乗り切りましょう。

五十肩に漢方薬が良いとされる理由

漢方薬が五十肩に良いとされるのは

炎症作用

鎮痛作用

血行促進

の3つについて

一つの薬で対処できることです。

この3つに対処できるから

炎症のある急性期から

血行促進が必要な慢性期にかけて

利用できるのが良いですね。

五十肩に良いとされる漢方薬

五十肩には

葛根湯に地黄(ジオウ)と独活(ドクカツ)を

加えた独活葛根湯がメジャーです。

9種類の生薬が含まれているんですね。

漢方薬もうまく利用して

五十肩を短期間で治したいものです。

うまく利用してください。

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)
レクタングル大(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする