五十肩の治療法に取り入れたいとっておきの体操

person-951876_640

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)

急性期を過ぎたら体操で無理なく肩を動かすこと

とにかく激痛が走る五十肩の急性期。

この時期を過ぎて、ある動作やふとした時に痛みが走る

慢性期になったら、

肩の組織の癒着を防ぐために、

積極的に肩を動かすことが回復への早道。

そんなときに、私がやってみてよかった体操が

ありますのでお試しいただければと思います。

3分で出来る簡単ストレッチ体操

筋肉が緩んで肩が動かしやすくなる体操です。

下記にやり方を掲載します。

動画も参考になさってください。

1) 椅子に浅く座って、背筋を伸ばす。

2) 手の平を上側にして、足のふとももの上に載せる。

3) 肩が左(右)真横に引っ張られるイメージで、上体ごと動かす。

4) 脱力する。このとき腰に入っている力も抜く。

無理には動かさないほうが良いと思う

これは私見ですが、

あまり無理には動かさないほうが良いと思っています。

というのも、無理してストレッチすると

必ず夜に肩が痛いからです。

激しい痛みが再発してしまっては

本末転倒です。

無理をしない範囲で

ストレッチ、体操を行いましょう。

ためしてガッテンの簡単体操も
五十肩に効果的

ためしてガッテンの簡単五十肩体操はこちら

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)
レクタングル大(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする