五十肩の原因を知っていると正しい治療に役立つ。

五十肩の原因

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)

五十肩の原因を知ることが治療の一歩

五十肩の正しい治療のため、

五十肩の原因を正しく知ることが大切ですが

五十肩を治すことを考えると

五十肩とは炎症である。

ということをまずは知っておきたいですね。

肩こりは筋肉疲労が主な原因ですが

五十肩は炎症です。

この違いを知っておくことが

間違った治療をしてしまわないために

実はとっても大切なのです。

炎症のメカニズムから知る五十肩

五十肩とは炎症ですが

この炎症とは、結局のところ

血液循環の悪化です。

加齢に伴い、血液循環が悪化、

肩関節周辺の組織が炎症を起こすわけです。

この炎症が痛みの原因ということ。

だから血液循環を良くすること。

これが五十肩の治療のポイントです。

炎症が起こる部位はどこ?

それではどこにその炎症が起こっているのか。

肩の関節は複雑で、

主に、3つの骨と、

4つの筋肉から成り立っているのですが、

これらの骨や筋肉を結び付けている腱板や

骨と骨を結び付けている靭帯に

炎症が起こっているのが五十肩なのです。

またこれらの隙間にも炎症が起こる場合があるのです。

五十肩の炎症は

腱板 靭帯 隙間 の炎症なのですね。

五十肩の治療には、はじめに

五十肩が炎症であること

そして炎症の原因は

血液循環の悪化であること

を知って治療に役立てましょう。

五十肩の治療法のコツはストレッチにあった!

五十肩にやっておきたいストレッチはこちら

スポンサーリンク
レクタングル大(広告)
レクタングル大(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする